読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースマンによる情報発信広場!

最新のトレンドニュースをなるべく最速で更新していきます!

東京薬科大学で事故。使われた薬品名と内容

#0000cc;">↓速報です↓

本日20日午前10時半ごろ、東京・八王子市の東京薬科大学で『実験中に薬品が爆発した』と119番通報がありました。

警視庁によりますと、実験中に薬品を混ぜたところ、化学反応が起こり、突然、爆発したということです。

この事故で、女子学生(23)が薬品を頭からかぶって顔にやけどを負い、 別の女子学生も髪が焦げたということです。

警視庁が爆発の原因について詳しく調べています。

 ↓リンク↓

news.yahoo.co.jp

 

 

実験中に使っていた薬品名は、まだ確定ではないですが『酸化クロム』と『ブチルアルコール』みたいですね。

なので、強酸化剤と反応して『引火性・爆発性の水素』が生成されたのではないかと考察しております。

 

現在、この事故でやけどを負った20代女性は病院に搬送され、手当を受けているようです。

このまま早急に回復されることをお祈りしています。

 

引き続き情報が入り次第、追記致します。

ご不明点やご質問等ございましたら、お気軽にコメント下さい。

では今回はこの辺で。